無数のベクトル

人には人の輝き方がある。ワクワクする道を選ぶ人生にしよう!

投資

【将来に備える】20代後半からの投資まとめ術【初心者OK】

2020年8月9日

 

かず
こんにちは、かずです。
さきほど、僕はこんなツイートをしました。

 

 

自己成長の優先順位が高い人は、社会人を数年経験すると毎月の給料が当たり前になる→「今の給料で将来大丈夫かなぁ」と不安になる。僕もそうです

  • 貯蓄
  • 節約
  • 投資

このあたり将来に備える方法ですよね。投資はなぜか日本人に不人気。一方貯蓄は大好き。喜ぶのは銀行なのに

 

このツイートを少し深掘りしたいと思います。

 

【初心者OK】20代後半からの投資まとめ【将来に備える】

20代 投資 初心者 あい

 

仕事にも慣れ、毎月の給料で日々の生活には困ることはありません。

 

ただ、これから長い人生のことを考えると「今の給料だけで本当に大丈夫かな?」と不安になったり・・・

 

そこで今回は20代後半から始める投資を紹介していきます。初心者の方は参考にしてくださいね!

 

株式投資

 

リスク&リターン★★★★☆

 

投資というと、まず思い浮かぶのが株です。

 

「安い時に買って高い時に売れば儲かるんですよね?」その通りなのですが、じゃあどうやって安い株を見つけるのでしょうか? 初心者はここでつまづきます。

 

なぜなら初心者が割安の株を見つけることはできないから。割安感の基準がないと判断できませんし、その基準は経験をもとに作られるはずです。

 

なので、初心者は少額を自分の好きな企業や伸びそだと思う企業に投資してみることをおすすめします。

 

かず
たとえば、僕はスシローの株を持っています。スシローには毎月家族で食べに行くので、株主優待券もムダなく使えます。

 

投資信託

 

リスク&リターン★★★☆☆

 

略して「投信」と呼ばれます。名前だけは聞いたこと初心者の方も多いと思います。

 

投信にはアクティブファンドとインデックスファンドがあり、初心者にはインデックスがおすすめです。日経平均株価やTOPIX等の指数に連動するように運用されており、値動きがわかりやすい特徴があります。

 

しかも、アクティブより運用成績が良かったりするので、投信=インデックスの一択でOKです。

 

かず
僕はインデックスを毎月買っています。

 

不動産投資

 

リスク&リターン★★★★☆

 

株や投信と異なり、不動産投資は現物を手に入れられます。銀行からの融資を受けることで他人のお金で投資を始めることができます。

 

入居者がいる限り家賃収入が不労所得として毎月入ってきますが、空室になるとローンだけを払い続けるリスクがあります。

 

かず
僕はロバートキヨサキ氏の「金持ち父さん、貧乏父さん」を読んで不動産投資に興味を持ちました。書籍やセミナー、展示会に通い情報収集した結果、別の投資方法を行うことにしました。

 

FX

 

リスク&リターン★★★★☆

 

株の為替バージョンです。たとえば、1ドル100円でドルを買い、1ドル120円の時にドルを売ると利益が出ます。

 

ドル以外のユーロやポンド等でも行えますし、売りから入ることもできます。

 

もともと持ってないドルを売るので「空売り」といい、のちに買い戻すことで帳尻を合わせます。

 

あわせて読む
fx コロナ
【FX投資】コロナ相場入場の初心者に|37万溶かした過去を全て伝えます

続きを見る

 

20代後半に適した投資方法

20代 投資 初心者 2

 

これから投資を始める方には、「インデックスを積み立てNISA枠で買う」をおすすめします。

 

つまり2の投資信託です。 33,333円を毎月積み立てる これが最強です。

 

積み立てNISAは年間40万円の枠が決まっており、最大枠を使うと月33,333円になります。

 

この額なら毎月の給料から割り当てられますよね?

 

年利3%を狙うとして、大手銀行の利子0.001%の3000倍です。預金するなら積み立てNISAです。

 

積み立てNISAの何が良いかは別記事にまとめましたのでご覧ください。

 

3ヶ月分の貯蓄はしておく

 

とはいえ、何かあった時の備えとして、3ヶ月分の一生活費は現金で持っておくようにします。

 

投資信託や上場株式、FXは部分売却ができ、数日で換金できます。

 

3ヶ月はあくまで目安なので、慎重な方なら6ヶ月分でもいいかなと思います。

 

投資資産が500万以上ある方

 

すでに貯蓄がある方は、一気に突っ込むのではなく分散投資します。毎月一定額を3年間かけて投資するイメージです。

 

たとえば投資に回せる資金が500万あれば、年に160万円ずつ、月に13万円ずつ均等投資する。こうすることで価格の安い時は多く買え、高い時は少量買うことになり、リスク分散できます。

 

かず
この方法は、「ドルコスト平均法」と呼ばれ、初心者に適した投資方法です。

 

読んでおくべき投資思考に関する本

20代 投資 初心者 3

 

投資は、「安い時に買い、高い時に売る」と誰でも知っていますよね。しかし、株やFXで長期的に勝ち続けている個人投資家はたった1割です。残りの9割はトントンもしくは負けているんですね。

 

本質を知っているだけでは勝てず、マインドがとても重要になります。マインドは実践を通して失敗の中から学んでいくものですが、あらかじめ経験談やルール、テクニック等を本から学んでおくと良いと思います。

 

僕が実際読んで良かったベスト3を紹介します。

 

ベスト3以外でもためになった本は別記事でご確認ください。

 

 

正直、「実際投資を行っている人がすすめる本は全て読む!」くらいの感覚が必要です。これから始める時点で後発なので、先人がためになったという本は読んどいて損はないはずです。

 

というわけで、今回は以上です。

 

あわせて読む
fx コロナ
【FX投資】コロナ相場入場の初心者に|37万溶かした過去を全て伝えます

-投資

Copyright© 無数のベクトル , 2021 All Rights Reserved.